漫画単行本のネタバレ

漫画『リアルアカウント』14巻のネタバレと感想!無料試し読みができる電子書籍も紹介

週刊少年マガジンで連載中の漫画『リアルアカウント』の単行本コミックス第14巻を読んだのでネタバレと感想、そして漫画を無料で読む方法についてまとめました!

 

ここでは文字だけのネタバレとなりますので、画像付きのリアルアカウント第14巻を1冊丸々読みたい方は、こちらをご確認ください☆

 

>>漫画『リアルアカウント』のネタバレ感想一覧はこちら

漫画『リアルアカウント』14巻のネタバレ

96・夏の日の0827

箱に殴られていることがミズキにとって幸せであるなら…

「もう放っておいたらいいじゃん…!!」

と、ユウマはあっけらかんとしています。

 

そんな事よりも、3か月前の8月27日の事を回想します。

ゲームがはじまる3ヶ月前―――

寝ぼけているユウマの家にやってくるあやめとチホ。

 

他にお祝いしてくれる人がいないんだろとのユウマのツッコミもありつつ、お祝いにミズキも呼ぼうと連絡をすることに。

ミズキに電話をすると、フォロワーの女医さんが電話に出て、3人はタジタジになるのでした…

場所は変わって…

 

海で夏の最後を楽しむ事にした一同。

しかし、ミズキはユウマ以外には全く興味がない様子…

海で遊んでも、バーベキューを楽しんでも、ミズキは輪の中に溶け込もうとはしませんでした。

 

本当はリアアカが終わってから何度もユウマを訪ねていたらしいのですが、ユウマはそれに応えることはありませんでした。

「蔵科は常に…支配を求めてる」

「それがあいつの中で何より優先されてオレは二の次」

「オレは…そんなの応えらんねーからな…」

 

それで、みんなで楽しみたかったと言う思いがあったようです。

しかし…

本当は嬉しかったようです。

 

ミズキはユウマの前で涙を流します。

「――ボクなんかがこんな…普通の人みたいなことしてて…いいのかなぁ」

 

ユウマは「いいに決まってんだろ!!」と言うと、ミズキは初めて笑顔を見せるのでした。

回想が終わり――

その笑顔には支配以外の感情があった…

ユウマはあやめに伝えます。

 

あやめもミズキを取り戻すのを手伝うことに。

そして、ユウマはイマリに頼みごとをします。

 

「…はぁ?家に忍び込め?誰の!?」

97・交換会の罠

ユウマ達は、イマリからの連絡が来るまで、モンスター集めに集中することに。

モンスターの交換会を提案したのは男性トップモデルの貞升ミキヤ。

しかし、その途中でミイラのようになって命が絶えてしまいました。

 

「人体における充電とは何ぞや?」

「答えは血液!!」

博士マーブルが突然姿を現します。

 

ミキヤは博士マーブルが召喚したモンスターによって命を奪われてしまった様子。

「お気楽トレーディングゲームだとでも思っとたか?」

「ご丁寧に人数集めて集合場所まで教えてくれるとは…」

 

皆殺し!といい、一斉に攻撃をする博士マーブル。

ユウマはみんなを逃がし、博士マーブルとタイマン対決をすることに。

98・reslst!!!

ユウマとマーブルの戦いはまだ続いています。

しかし、ユウマはマーブルに叶いそうになく、ピンチな様子です。

マーブルは、生き残り長ければここにみんなを集めろと指示します。

 

ユウマはその通りにみんなにアナウンスをかけるのですが…

オレのオリジナルソング!!

歌にのせてマーブルに宣戦布告をします。

 

ユウマには勝ち目はない。

マーブルはそんな風に見切るのですが…

ユウマが消えたことにビックリするのでした。

 

ユウマは間一髪でマグマグが召喚した「スケルビッグ」によって助けられたのでした。

自分が信じるって決めたものがちゃんとあることが証明できたからと、改めて実感するのでした。

蔵科ミズキとの約束の21時まで残り9時間。

99・どうやったら伝わる?

モンスターの交換会をしておかげで40種に到達するユウマ。

あやめは41種ゲットに成功しました。

その頃ミズキは…

 

箱に洗脳されるように、ユウマとの楽しかった思い出を消していきます。

ミズキの中で全部消えた頃…

「世界に不要なものを消す執行人の誕生だ!!」

 

箱は怪しく微笑みました。

――約束の21時

ミズキのケガがまた増えていました。

 

ユウマはミズキを殴りかかります。

しかし、箱がするような一方的なものではないと、箱と同じ行為について否定します。

「男と男の殴り合いだ!!ガチ喧嘩しようぜ!!」

 

ユウマとミズキの殴り合いを見て、箱はすごく愉快な様子。

2人はひたすら殴り合うのでした…

100・告白

ユウマはミズキと殴り合いをしながら、自分の気持ちをただぶつける事だけを考えていました。

ミズキはナイフを出しますが、ケンカに道具は必要ないと、ナイフを投げ飛ばします。

箱はあやめにくじを引かそうとしますが、その箱を拒否します。

 

ミズキはユウマに「オレの世界を壊すな」と言いますが、「それはこっちのセリフだ」と、ユウマもまたミズキに言います。

「何度だってぶっ壊してやるよ!!」

「何度だってぶっ壊してくれよ!!」

「ずっとぶっ壊し合おうぜ!!蔵科ぁっ!!!」

 

あやめには、ユウマの殴り合いが愛の告白のように見えていました。

しかし、ミズキにはユウマの声は届かない様子…

その頃、イマリとチホはミズキの家に…

 

101・証拠

本当にそれていいの?

あやめはミズキに思い切り叫びます。

そして、ユウマのスマホにイマリからメールが届き、絵本の原稿の写真が送られてきます。

 

何枚もの絵本の原稿を見て、ユウマは何かを思いついたようですが、ミズキから鎖で首を絞められてしまいます。

そして、心臓が止まります――

それでも鎖を離すことはなく、諦めてはいませんでした。

 

あやめもビリギャを召喚し、ユウマの意識を取り戻させます。

「オレとお前の充電はっ」

「まだ0にはなっちゃいねぇんだよおぉっ!!」

 

ユウマは送られてきた絵本の原稿をミズキに見せました。

「お前が本心では、支配より仲間を求めていた…その証拠だ!!」

102・盗賊と少年ミュー

「海賊と少年ミュー」

ミズキが描いた絵本でした。

しかし、ミズキはそれを知らないと言います。

 

でも…

これを書いたのは、みんなで海に行った8月27日でした。

無我夢中で書いたもの…

 

少しずつ思い出そうとしています。

すると、箱はそれを妨害します。

ミズキは自らの命を絶とうとします。

 

それを止めるユウマは、ミズキの首についていた首輪を切り、首から外します。

そして、箱を思い切り蹴り飛ばしました。

よくも俺の仲間殴りまくってくれたな!!!

 

ユウマを見てミズキは

ユウマ君…

弱くなったんじゃなかった

強さの質が変わって

ボクが見えなくなってただけだったんだ…

と気づきます。

 

「俺はお前が望みすらしなかったもっとでっけえモンやるよ!!」

そういって手を差し伸べるユウマは、絵本に出てくるキャラクターと同じでした。

 

その後にあやめ

「SNSのキズナは血のつながりよりも濃いんだからね!!」

ミズキは再び笑顔を取り戻すのでした。

 

「ありがとう。ふたりともだいすき」

103・こんやはおたのしみですね第2夜

ミズキが再びユウマと仲直りしたところで、箱はまた落ち込む…

と思っていましたが、「次いこ!」と、あっけらかんに対応します。

箱は寂しそうに…笑顔でその場を立ち去っていきました。

 

そして、宿泊中――

ユウマはミズキと同じ部屋に。

あやめは別の部屋に。

 

ユウマとミズキの会話が聞こえてくるのですが、ここでまたエッチな妄想が膨らむあやめ。

更にチホもあやめの妄想に加担してしまい、思わず2人の部屋に乗り込んでしまいます。

「――…あ あたしも交ぜて…!!」

 

思わず発言してしまいましたが、ユウマとミズキは生肉を食べている所でした…(笑)

「向井の純潔が奪われたのかと…」

あやめのその言葉にユウマは博士マーブルからモンスターを奪うことを思いつきます。

 

その頃…

カルアと冴島の部屋に博士マーブルが!!

104・サキュバス

カルアと冴島の宿に博士マーブルが現れ、再戦をけしかけます。

2人の充電が減り、モンスターの償還が不可能な状態になってしまいます。

「裏ルール…宿屋もダンジョンの1つとして認識される」

 

2人は宿屋に閉じ込められてしまいます。

絶体絶命の2人。

冴島は、自分の償還カードを使ってカルアの充電をマックスにします。

 

しかし、それを自分に使わないことにカルアは怒ります。

「お前が死んじまったら意味ねぇだろーがよー!!」

カルアの拳を受け止め

 

「意味なくなんかない!!」

「己は知らなかった!!こんなに人肌が暖かったなんて!!」

冴島はカルアに告白します。

 

そして、大切な人を見つけ、子を成し、幸せになって欲しいと…

すると、カルアはサキュバス「男の精気を吸う淫魔だよ!!」と言いながら裸になります。

最高の最期を迎えさせてやる

全部忘れて頭真っ白にして

私に溺れて 逝け!!

 

2人は結ばれたところで冴島の充電は残り5%。

カルアは自分の本当の名前を教えます。

そして…

冴島はここで脱落してしまいます。

 

カルアは願います。

お願い神様

願わくば

孕みますように――

 

そしてババの敵をとらせてください

リアルアカウント14巻の感想と15巻の考察

博士マーブル恐ろしいですね~…

次々と奪略者が出てきます。

そんな中で、ユウマはミズキと和解で来てよかったと思いました。

これからどんな展開を迎えるのでしょうか。

リアルアカウントを無料で読むならU-NEXT

以上、リアルアカウント第14巻のネタバレと感想でした。

 

最後にリアルアカウントの漫画が無料で読める電子書籍サービスについてご紹介します(^^)

 

U-NEXTという電子書籍サービスを利用すれば、現在リアルアカウントが1巻~3巻までが無料で読むことができます。

 

更にU-NEXTには31日間の無料期間があり、登録直後には600円分のポイントがもらえます

 

U-NEXT内でのリアルアカウントの価格は1冊462ポイントなので、1冊分を無料で読むことができます。

 

 

漫画以外にも見放題のアニメや映画などの動画も豊富に取り揃えていますので、この機会に是非チェックしてみてくださいね!

 

▼31日間無料のU-NEXTはこちら▼

※31日以内に解約すればお金はかかりません