少年漫画

リアルアカウント7巻のネタバレと感想!無料漫画アプリも紹介!

こちらの記事では週刊少年マガジンで連載中の漫画『リアルアカウント』の単行本コミック第7巻のネタバレ感想をまとめていきます!

>>第6巻のネタバレ感想はこちら

 

ちなみに、今すぐ絵付きのリアルアカウントを読みたいという人は、電子書籍サービスのU-NEXTを使って漫画を無料で読むことが可能です(^^)

 

▼無料でもらえるポイントを使って漫画が読めるU-NEXTはこちら▼

漫画『リアルアカウント』7巻のネタバレ・感想

前半

現実世界に帰ってきたユウマ達だったが、いつの間にか周りで大勢の人に囲まれていた。

しかも、自分たちの体のどこかにある『マーブルマーク』を探していた。

そしてそれをスマホでスキャンすると、マーブルマークを付けた参加者が破裂してしまった。

撮影した人は声高らかに”1億ゲット”と喜んでいる。

 

ユウマ「――そ…そういうことかよ…!! 最悪だ…!!」

 

マーブル「マーブルコスのプレイヤーの皆さん!現実世界におかえりなさい!!

しかし残念!!まだ終わりじゃありません

今回は趣向を変えて現実の人々を交えての共同ゲームです!!

基本ルールはただひとつ『逃げてください。』

3日間逃げきれたらゲームクリアとなります!!

マークを焼いたり潰したり読めなくさせるのはルール違反です!

さあ 現実でのバカンス存分に楽しんでくださいね!!」

 

 

こうして現実世界で新たなゲーム『SNS鬼ごっこ』が始まってしまったのだった。

 

 

ユウマ「みんなっ 散らばんな固まれ!!

バラバラになると狙われるぞ!

内側に集まれ!!オレに考えがある!!」

 

 

参加者がユウマの元に集まるが、現実の人々もユウマ達に群がって捕まえる。

が、よく見ると別の人間にマーブルのマスクをかぶせて囮にし、その隙に集団の壁を超えたのだった。

 

 

ユウマ「ははっ バーカ!!」

あやめ(…また皆 向井に助けられた…
でも やっぱり前の向井とは…なにかが…違うよ)

 

 

一方、柏木研究室に潜入していたナナコ達にもユウマ達参加者が現実世界に戻ったことを知る。

気になるのはわかるが今は集中しろとイマリに諭される。

そんな2人が実験室Aを調べているとき、2匹の猿の死体を発見する。

ただのサルの死体にナナコは何となく違和感がある気がしていた。

 

 

そのころ、ユウマは次々と脱落していく参加者を他所にSNS鬼ごっこを楽しんでいるかのように逃走していた。

その途中、不本意ながらも参加者の1人『一ノ瀬ハル』と前のゲームでユウマの圧倒的支配に惚れた『蔵科ミズキ』と合流し、車で逃走していた。

 

ユウマ「だから お前らとは組まねえって言ってんだろ 降りろ!!」

ミズキ「組まなくてもいいよォ ボクは勝手についてきてるだけだから

それに僕はもう君をフォローしちゃったんだ

君が死んだらボクも死ぬ シンプルで素敵だよねぇ」

ユウマ「キメェ おいチビ女!お前もだよ」

 

そう言って車内の後部座席を振り返ってみると、ハルの頭がもぎ取られていた。

ユウマ「……なにか いる…」

車内の天井を歩く音に気づいて窓から上を除くと、そこには春の頭を掴んでいる気味の悪いマーブルがいた。

 

ミズキが急ブレーキをかけ放り出すが、体があらぬ方向にねじ曲がりつつもマーブルは立っていた。

ユウマ(マーブルの恰好…鬼ごっこのプレイヤー?

――じゃ ねえよな)

躊躇なく車を発進してぶつけるも、逆に狂ったマーブルが張り付いてくる。

そしてマーブルは明らかにユウマを狙っていた。

 

ユウマ「来いよバケモン」

しかし、車内のハルの血に足を取られてしまいバランスを崩す。

マーブルが突っ込んでピンチになるが、ミズキがユウマの身代わりになった。

その後、運転手を失った車は横転しユウマとミズキは車を離れる。

ガソリンによって爆発した車を見て安著するが、火だるまになりながらもマーブルは追いかけてきた。

 

 

ユウマ「おいおいおいおい マジで人じゃねーのか!?」

ミズキ「ねぇユウマ君 このゲームってさあ…現実の人達との鬼ごっこ…じゃななかったっけ~~?」

ユウマ「…クク もともと理不尽なゲームが更に理不尽になったってだけだろ

上等だよ 絶対生き残ってやる」

中盤

ユウマ「ここなら少しは落ち着けるか」

ミズキ「ユウマ君…考えたね

『森林公園』って言っても広いから

呟かれても位置を特定されづらく

奥まってるから”DQNマーブル”にも遭遇しづらい…」

 

ユウマ「”DQNマーブル”?」

ミズキ「あの化け物じみたマーブルのことだよ」

 

DQNマーブルは街中で参加者を見つけては『マーブルマーク』を無視して暴行していた。

かといって1か所に留まると鬼に見つかってしまい、どんどんとプレイヤーの数は減っていっていると情報が出回っていた。

 

 

ミズキ「――かく言うボクも♪

これ病院行かなきゃ出血多量で死んじゃうやつ…あはは」

ユウマ「病院?なんだよ連れてってほしいのか?

やなこった 安心しろよ 死ぬところを見ててやる」

 

ミズキ「だと思った!うれしい…目に焼き付けてよねユウマ君」

 

そういってミズキはユウマと自分を手錠で繋いだ。

ミズキ「不思議なんだァ 相反する感情――

ユウマ君に死ぬところを見てほしいって気持ちと…

生き延びてそんな冷酷なユウマ君をもっと見ていたいって気持ち…

ギリ後者が勝っちゃった」

 

 

本当にキレそうになりながら病院へ連れていくことにしたユウマ。

途中、DQNマーブルに襲われるが、奴らは日の出と共に去っていく習性があったため間一髪助かり、ミズキも病院で治療を受けることができた。

こうして1日目が終了したが、2日目から運営による『ミッション』が下されるとのことだった。

 

その内容は『あなたのフォロワーに会う』こと。

そして『自分のフォロワーからマーブルマークを読み取ってもらう』こと。

できなければ即死亡するという内容だった。

 

ユウマはミズキがフォローしていたためあっさりクリアしたが、問題は”あやめ”と相互フォローしているユウマは彼女を助けにいかないと自分も死んでしまう。

 

ミズキ「……で どうする?ユウマ君~~~?」

ユウマ「オレみは もうオマエがいる

あの女と一蓮托生である必要は…もう無いってワケか

外すわ あいつのフォロー」

後半

その頃、あやめは自分の兄に拘束されていた。

あやめ「な…なんで…?

なんで…こんなことするの…?

お兄ちゃん!」

 

 

あやめ兄「…なんでだって? 決まってるじゃないかあやめ…

オマエを守る為だよ

……金目当てでお前を殺しに来る外注共からね」

 

しかし、ミッションによって状況が変わったため、あやめはユウマに遭いに行かなければならないのだが、そんなことを許す素振りは一切なかった。

 

それどころか、あやめをフォローして一緒に死ぬと言い出す始末だった。

どうにかしようとしたとき、あやめんおスマホにフォロワーが減った通知が来る。

 

あやめ兄「おやおやおやおや あやめ…お前見捨てられたみたいだな」

突然のことに絶望するあやめ。

 

あやめ兄「お前はもう 誰からも必要とされてないんだ!!

この お兄ちゃん以外はね…」

 

この状況を利用してあやめの依存心を自分にむけようとする。

あやめ「おにいちゃん…ごめんなさい

あたし…わるいコになってた…」

 

あやめ兄「いいんだよ あやめ

うれしいよ…前のあやめに戻ってくれて…

あやめ…聞かせてくれ

昔…毎日いってくれてただろう…?」

 

 

あやめ(あたし…もうすぐ死ぬんだ なんだか…もう…どうでもいいや…)

 

あやめ「お兄ちゃん……大……好――」

 

 

そう言いかけた時、ユウマがあやめの兄を頭上から踏みつけて登場した。

 

あやめ「――なん…で…」

ユウマ「あのさァ この女オレのモンなんで

ちょっかい出さねーでもらえます?

おにーさん♡」

 

 

 

あの時外れたフォロワーは、あやめの兄がそうのように見せかけて自分が外し、まんまと自分のものにしようとダマしていたのだった。

結局ユウマはあやめを助けに来たのだった。

 

あやめ「あの…さ 向井…あたし…あんたのことまだ整理ついてない

いきなり性格変わっちゃったりとか……

……でも 助けてくれてありがとう」

 

あやめのお礼に特に返事をしなかったユウマ。

そんなユウマ達一行は、かつてのユウマの実家にたどり着く。

自分の家族がこのゲームに関係していることと、失われた記憶のヒントになるかもしれないと思って訪れることにした。

 

家には誰もいなかったが、傷の痛みと共に断片的な記憶が蘇っていく。

 

???「ただいま」

突然、家のが開き、そこに表れたのは『柏木アタル』だった。

アタル「やっと…会えたね――兄ちゃん

僕が――『柏木アタル』が お前を殺す!!

お前は!! この世界に存在してちゃいけないんだ!!」

リアルアカウント7巻の感想と8巻への考察

遂にアタルとユウマの兄弟が再開しました。

しかし、アタルはユウマを存在しちゃいけないと言って殺しにかかりました。

いったいどういうことなのでしょうか。

最後に:リアルアカウントを無料で読むならU-NEXT

以上、リアルアカウント第7巻のネタバレと感想でした。

 

最後にリアルアカウントの漫画が無料で読める電子書籍サービスについてご紹介します(^^)

 

U-NEXTという電子書籍サービスを利用すれば、現在リアルアカウントが1巻~3巻までが無料で読むことができます。

 

更にU-NEXTには31日間の無料期間があり、登録直後には600円分のポイントがもらえます

 

U-NEXT内でのリアルアカウントの価格は1冊453ポイントなので、合計4巻分を無料で読めちゃうということになります。

 

漫画以外にも見放題のアニメや映画などの動画も豊富に取り揃えていますので、この機会に是非チェックしてみてくださいね!

 

▼31日間無料のU-NEXTはこちら▼

※31日以内に解約すればお金はかかりません