漫画単行本のネタバレ

漫画『賭ケグルイ』7巻のネタバレと感想!無料で読む方法も紹介!

漫画『賭ケグルイ』第7巻を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想・無料で読む方法をまとめていきます!

※ネタバレ要素を含みますのでご注意下さい

>>漫画『賭ケグルイ』の全巻ネタバレ一覧はこちら

 

文字だけのネタバレではなく、画像付きの漫画を無料で読みたい!と言う人はこちらの手順を参考にして電子書籍として無料でお読み下さい!(^^)

 

\今すぐ漫画1冊を無料で読むならU-NEXT/

漫画『賭ケグルイ』第7巻のあらすじ・ネタバレ・感想

漫画『賭ケグルイ』7巻のあらすじ

綺羅莉は生徒会を解散した。次代の生徒会長は、選挙によって決められる。

この学園の選挙は、無論、ギャンブルで決まる。時を同じくして、学園に新たな異邦人が現れる。

蛇喰夢子と縁深き者達が――。美少女たちの学園賭博譚、スリルの深淵を覗く第7巻。(出典元:http://fod.fujitv.co.jp/s/books/)

漫画『賭ケグルイ』7巻のネタバレ

第34話・栄え女

一日で生徒会役員の夢見弖ユメミ、豆生田楓、五十嵐清華の3人に勝利した夢子。

 

得た物もまた大きかった。

 

「鈴井さん見てくださいこれ」

 

夢子の通帳の口座に鈴井はびっくりしました。

 

「振り込まれていましたよ。耳を揃えて30億円」

 

夢子は3億円の借金を返済し、とうとう人間に戻った。

 

「家畜の返上おめでとう」

 

「ありがとうございます」

 

もうひとつ、賭けの対象になった豆生田の人生については、彼に想いを寄せる伊月に一任した。

 

そのころ生徒会では桃喰綺羅莉が解散を宣言し、生徒会長選挙の告知をしていた。

 

桃喰は分家の人間を8名入学させ、勝った者には生徒会長の座と桃喰一族の跡取りの座を用意した。

 

”蛇喰”家も分家みたい

 

選挙といっても、当然のように投票では決まらない。

 

・全生徒が1票ずつ票を持ち、ギャンブルのみでやり取りできる

・票の譲渡、売買、奪取、詐取は禁止

・期限は30日で、最後に最多得票者の勝利となる

 

「すべてのものに平等なギャンブルの身によって決まる選挙なのだから」

 

分家の人間みんなで、夢子をどうするかについて話していました。

 

定楽乃は言いました。

 

「もし邪魔になるようなら…」

 

「喰ってしまえ」

 

第35話・氏族の女

蛇喰夢子をどうしてくれよう…

 

そんな話し合いをしている中で、蟲喰恵利美が、その役を買って出ます。

 

「暇つぶしにからかってやろうかしら」

 

生徒全員に、生徒会長選挙の一票となるチップが配布された。

 

ギャンブルについて、芽亜里は何か思っていることがあったようです。

 

しかし、関係ないでしょと教えてくれずに帰ってしまいました。

 

夢子はさっそく、分家の一人、蟲喰恵利美(むしばみ えりみ)から対戦を申し込まれます。

 

当然、断るはずもなく申し込みを受ける。

 

選挙管理委員の大和イナホを呼び、会場となる図書室に移動する。

 

「あんたたちがその気なら特定の人物を勝たせることも可能ってわけね」

 

恵利美の一言に、イナホは表情を変え、

 

「それはあり得ないのでご安心を。そうでなければこんな仕事なんの意味もない。舐めないでください」

 

と、あくまでも中立の立場を突き通すようです。

 

図書室には偶然、生志摩妄(いきしまみだり)が居て「やろうぜギャンブル!」と、うるさい。

 

夢子は露骨に不快な表情を浮かべるが、妄も参加することに。

 

対戦するギャンブルは、恵利美の用意した「指切りギロチン」。

 

ルールはシンプルで、ギロチンの下にある3つの穴にそれぞれ指を一本ずつ入れ、20本あるヒモを順に切っていくというもの。

 

20本のヒモのうち一本がギロチンにつながっていて、ヒモが落ちる前に指を抜いた者が負け。

 

リスクの大きなギャンブルの内容に、夢子と妄は大喜び。

 

恐怖を感じない二人に、恵利美は呆気に取られるのだった。

 

有り得ない

見慣れた肉体を失うことは根源的な恐怖

 

私意外にそんな人間

いるわけがない

 

 

第36話・邂逅する女たち

「指切りギロチン」は恵利美が用意したギャンブルなので、イカサマが無いか選挙管理委員が確認をした。

 

「鮮血に彩られた幕開け。この選挙にはふさわしわね」

 

「さあ始めましょうか」

 

三人とも穴に指を入れ、「指切りギロチン」が始まった!

 

芽亜里は一人で廊下を歩いていました。

 

私はどうする?

 

分け前を狙って誰かにつくか、初めからこんな選挙にはかかわらないか…

 

それとも自ら生徒会長を目指すのか…

 

すると、誰かにぶつかってしまいます。

 

ぶつかった相手は、仮面が取れた副会長でした。

 

第37話・未遂の女

「あたしにヤらせろよ もぉ我慢できねーよ」

 

妄、夢子、恵利美の順にヒモを切っていく。

 

まだギロチンの落ちる可能性が低いとはいえ、誰も逃げるそぶりを見せない。

 

それどころか、夢子と妄は恍惚の表情を浮かべ、このギャンブルを心から楽しんでいる。

 

一方の恵利美は、別の意味で余裕だ。

 

なぜなら、ギロチンの刃は落ちてきても鉄板で止まるようになっているからだ。

 

恵利美は、夢子と妄が指を抜けば勝ち。

悪くても引き分けなのだから余裕だ。

 

ところが、夢子は大和イナホに「ちゃんと取り外していただけましたね?」と確認する。

 

そう、夢子はこのギロチンの仕組みを知っていたのだ。

 

イナホは、「無論であります!」と元気に答える!

 

恵利美の顔から血の気が引いていく…。

 

妄と夢子は2人で声を合わせて言います。

 

「さぁ!!賭け狂いましょう?」

 

第38話・憤る女たち

次から次へと線を切っていきます。

 

一人だけ余裕をかましていた恵利美だったのですが…

 

夢子の一言によって、一人だけ恐怖に飲み込まれ、嗚咽し始めます。

 

妄は勝とうが負けようが、どうでもいい様子。

恐怖は一切ありません。

 

とにかくギャンブルをしたいだけだ。

 

夢子も心からギャンブルを楽しみ、恐怖を感じていない様子。

 

そしてとうとうラスト2本になります。

切るのは妄。

 

ところが、夢子と一緒に自傷したい妄は、ヒモを2本まとめて切ってしまう。

 

間一髪、恵利美は指を抜く。

夢子と妄はそのまま。

 

ギロチンが落下する!

 

しかし、鉄板がギロチンを止めており、指が切断されることはありませんでした。

指を抜いた恵利美は失格となります。

 

2本のヒモを切った妄は反則負け。

 

よって、夢子は選挙戦の1戦目に勝利するのでした。

 

指が切れないようにしてあることに、妄が怒ります。

 

しかし、夢子は妄に対して怒りがあった様子。

 

「糞はあなたです。生志摩さん」

 

2分の1の確率…その一瞬を踏みにじったことが、夢子にとっては不愉快でしかなかったのです。

 

「二度と私の前に姿を現さないでくださいませ」

 

妄は、夢子から絶交宣言されるのでした。

 

漫画『賭ケグルイ』7巻の感想

選挙編がスタートしました。

 

最初の相手は、小さな女の子…と思いきや、序盤から指ギロチン…って恐ろしい内容のギャンブルをすることに…

 

終盤、おびえる立場になりながらも、自分の意志を貫き、

ゲームを続けるところは子供だなと思う反面、意思の強さも感じ取ることが出来ました。

>>漫画『賭ケグルイ』の全巻ネタバレ一覧はこちら

漫画『賭ケグルイ』を電子書籍で無料で読む方法!

漫画『賭ケグルイ』を無料で読める電子書籍サービスを下記のページで詳しくご紹介しています(^^)

漫画『賭ケグルイ』1巻のネタバレ感想と無料で読める電子書籍サービスを紹介漫画『賭ケグルイ』第1巻を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想と無料で賭ケグルイが読める電子書籍サービスをまとめていきます!※ネタバレ要素を含みますのでご注意下さい...

漫画村やzip、rarなどの違法行為による漫画を読む方法ではなく、公式の漫画・電子書籍サービスを使った方法ですので、安心安全・高画質で読むことができるので是非参考にしてください☆

面白い漫画を作って下さった漫画家の方たちのためにも公式サービスを使って楽しく漫画を読むようにしましょう!(^^)