漫画単行本のネタバレ

漫画『賭ケグルイ』6巻のネタバレ感想と無料で漫画を読む方法を紹介

漫画『賭ケグルイ』第6巻を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめていきます!

※ネタバレ要素を含みますのでご注意下さい

>>漫画『賭ケグルイ』の全巻ネタバレ一覧はこちら

 

文字だけのネタバレではなく、画像付きの漫画を無料で読みたい!と言う人はこちらの手順を参考にして電子書籍として無料でお読み下さい!(^^)

 

\今すぐ漫画1冊を無料で読むならU-NEXT/

漫画『賭ケグルイ』第6巻のあらすじ・ネタバレ・感想

漫画『賭ケグルイ』6巻のあらすじ

夢子はその狂気により、桃喰綺羅莉と惹かれ合う。生徒会書記・五十嵐清華にとってそれは耐えられない屈辱だった。

何よりも理を重んじる女、清華は夢子にギャンブルを挑む。すべては綺羅莉への忠誠ゆえに。――そして学園はひとつの時代を終える。美少女たちの学園賭博譚、理外の理を追う第6巻。(出典元:http://fod.fujitv.co.jp/s/books/)

漫画『賭ケグルイ』6巻のネタバレ

第28話・行き違う女

豆生田とのギャンブルが終わった舞台上。

 

生徒会長の桃喰綺羅莉(ももばみ きらり)の秘書、五十嵐清華は「夢子を学園から排除すべき」と主張を始める。

 

綺羅莉は、その意見をギャンブルの本質を突いていると褒める。

 

ギャンブルは相手がいなければ成立しない。

 

夢子をどうこうせずとも、相手にしなければ良いだけのこと。

 

だが、それでは百花王学園の存在意義も無くなる。

 

百花王学園は、私の作った水槽

「手を入れこそすれ、自分で叩き壊すなんてありえない話でしょう?」

 

綺羅莉は「ギャンブルそのものを奪うことは絶対に許さない」と清華の意見を一蹴する。

 

会長の意向を汲むことが出来ない清華は、夢子を逆恨みする。

夢子さえ居なくなれば、と。

 

清華は夢子を消すため、命を賭けたギャンブルを挑んだ!

 

「賭けるのは、私とあなたの命」

 

第29話・傍の女

会長の綺羅莉に気に入られようとする清華は、夢子の命を取ることが最良の選択だと考え、ギャンブルを挑んだ。

 

しかし、夢子は「そんなのはつまらない」と断る。

 

清華が命よりも大切にするものを賭けようと提案する。

それは綺羅莉との関係。

 

「負ければお2人は…赤の他人になる」

「これでこそあなたはすべてを賭けたと言える」

 

清華が負ければ、綺羅莉とは赤の他人になる。

夢子が負ければ、金輪際ギャンブルをしない。

 

この条件で二人は合意し、綺羅莉とともに「扉の塔」に場所を移します。

しかし、五十嵐は複雑な感情を抱いていました。

 

私との関係を失うリスクに…一瞬だっていい

躊躇してほしかった

 

第30話・差上る女

5階建ての「扉の塔」を使ったギャンブルは、5階から1階に降りて、また5階に戻ってくるというもの。

 

扉は1~2階移動できるが、中央の螺旋階段だけは1階から5階まで行き来できる。

 

1・先攻後攻を決める

2・5分毎に交代で、扉に表示された問題を解く

3・問題を解ければ、扉が開き階段を使用できる

4・1階にあるユリの花を持って5階に戻る

 

 

ルールを説明したあと、綺羅莉は敗者への罰を追加した。

 

「せっかく舞台を塔にしたんだもの」

「負けた者はここから飛び降りることとする」

 

五十嵐は誓うのでした。

 

勝利をささげ

私は会長の一番になる!!

 

「扉の塔」開始

 

第31話・没入する女

まず先攻の夢子が、中央の扉に問題の答えを入力する。

 

すると、扉は開いたのだが階段がない。

 

綺羅莉は「正答であっても正解ではない」と言う。

 

続いて清華のターン。

 

清華は問題を見て、すぐに16進数の問題だと分かっていた。

 

つまり「正答」はすぐに導き出していた。

しかし「正解」に悩みます。

 

清華は意を決して「1」と表示された扉に答えを入力する。

すると、扉が開き階段が出てきた!

 

清華は4階に移動した!

夢子に勝ちさえすれば

勝つ!

私にはそれしかない!

 

第32話・縋る女

4階に降りた清華は、自分のミスに気づく。

 

おそらく、「1」は階数だったはず。

 

「2」ならば2階分降りることが出来たはずだったのに、と後悔する。

 

次のターン、夢子は階段の無いはずの壁面の扉の問題を解く。

 

当然の様に扉は開いたが、階段は無い。

 

一方の清華は、1階に来ていた。

ユリの花が二つあることから、先に1階に降りたのは自分だと分かる。

 

次のターン、夢子との差を決定的にしようと、清華は中央の扉の問題を解く。

しかし、予想通り壁。

 

初めに夢子も失敗していることから、中央の扉は使えないのだと認識する。

 

その直後、夢子がようやく1階に到着する。

 

1ターン差ではあるが、清華が問題をミスしなければこの差は埋まらない。

 

夢子

おまえは二度と

私に追いつくことはない!

 

第33話・理の女

常に成績上位の清華にとって、この塔で出る問題は簡単すぎた。

 

次々と問題を解いて上の階へ昇っていく。

 

そしてついに5階に到着。

勝利を確信し満面の笑みを浮かべる清華。

 

だが、そんな清華を出迎えたのは夢子だった…。

「五十嵐さんお早いご到着で」

「全問正解だったのではありませんか?」

綺羅莉は清華の負けを宣告した!

 

これで綺羅莉と清華は赤の他人。

さらに清華は今いる5階から飛び降りなければいけません。

 

「飛び降りて」

埋のみによって動く私など

 

つまらない…

 

もういらないという事だ

 

覚悟を決め、五十嵐は塔から飛び降りるのでした。

そして、生徒会長も一緒に飛び降りることに、五十嵐は驚きを隠せませんでした。

 

飛び降りた先はマットの上でした。

 

そして…

 

「五十嵐清華 赤の他人のあなたを誘うわ」

「私の秘書にならない?」

 

五十嵐は、再度生徒会のメンバーをして迎え入れられるのです。

 

そして、夢子は2人を見て言いました。

 

「人が誰かを想うことを禁止なんかできない」

 

翌日、綺羅莉は生徒会を解散し、生徒会長選挙を行うことを宣言した。

 

選挙の候補者の一人として、夢子も生徒会室に呼ばれた!

 

 

漫画『賭ケグルイ』6巻の感想

新たな展開で終わりました。

 

そして、強敵が増えそうな予感です。

 

選挙編では、どんな展開を巻き起こしてくれるのでしょうか。

>>漫画『賭ケグルイ』の全巻ネタバレ一覧はこちら

漫画『賭ケグルイ』を電子書籍で無料で読む方法!

漫画『賭ケグルイ』を無料で読める電子書籍サービスを下記のページで詳しくご紹介しています(^^)

漫画『賭ケグルイ』1巻のネタバレ感想と無料で読める電子書籍サービスを紹介漫画『賭ケグルイ』第1巻を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想と無料で賭ケグルイが読める電子書籍サービスをまとめていきます!※ネタバレ要素を含みますのでご注意下さい...

漫画村やzip、rarなどの違法行為による漫画を読む方法ではなく、公式の漫画・電子書籍サービスを使った方法ですので、安心安全・高画質で読むことができるので是非参考にしてください☆

面白い漫画を作って下さった漫画家の方たちのためにも公式サービスを使って楽しく漫画を読むようにしましょう!(^^)