漫画単行本のネタバレ

漫画『賭ケグルイ』5巻のネタバレと感想!無料で読める方法も紹介

漫画『賭ケグルイ』第5巻を読んだので、ネタバレと感想、無料で読める方法について紹介していきます!

※ネタバレ要素を含みますのでご注意下さい

>>漫画『賭ケグルイ』の全巻ネタバレ一覧はこちら

 

文字だけのネタバレではなく、画像付きの漫画を無料で読みたい!と言う人はこちらの手順を参考にして電子書籍として無料でお読み下さい!(^^)

 

\今すぐ漫画1冊を無料で読むならU-NEXT/

漫画『賭ケグルイ』第5巻のあらすじ・ネタバレ・感想

漫画『賭ケグルイ』5巻のあらすじ

夢子とユメミの戦いが終わった。傍観者として、二人の戦いを安全圏から眺めていた皇 伊月(すめらぎ いつき)。

しかし観客席の彼女も、夢子の狂気により当事者となる。

対峙するのは尊敬するかつての先輩…。そして生徒会長・桃喰 綺羅莉(ももばみ きらり)がついに夢子と邂逅を果たす――

美少女たちの学園賭博譚、女心と意地を賭ける第5巻。(出典元:http://fod.fujitv.co.jp/s/books/)

漫画『賭ケグルイ』5巻のネタバレ

第22話・統べる女

夢子と夢見弖ユメミの勝負は終わり、なんとなくハッピーエンド感が漂う。

 

しかし、ユメミのマネージャーの沙織は、納得いかない。

 

夢子にファンレターとボイスレコーダーを送り、ユメミを陥れようとした犯人が見つかっていないからだ。

 

沙織には心当たりがありました。

 

「ユメミの夢が叶うことが私の夢」

「私は…私たちの夢を踏みにじった犯人をどうしても許せない!」

 

ユメミもけじめをつけなければ気が済まないと、ステージ上から、生徒会会計の豆生田 楓(まにゅうだ かえで)を名指しする。

 

会場にファンクラブ以外の人間を入れることが出来るのは、豆生田しか考えられないからだ。

 

詭弁を使ってこの場を収めようとする豆生田に、夢子はギャンブルを挑む。

 

しかし、夢子が挑んでくるのも豆生田の想定の範囲内。

 

あっさり勝負を断った。

 

ファンはみんな怒っていた。

 

多くのファンからの罵声を浴びる豆生田に夢子は家畜の権利「公式戦」で勝負を挑むのでした。

 

ディーラーとして登場したのは、副会長でした。

副会長がしゃべるところを初めて聞く人は多いようで…

 

ほとんどの人が驚いていました。

 

第23話・選択する女

夢子と豆生田の勝負は、「選択(チョイス)ポーカー」で行うと仮面の副会長が説明する。

 

1・カードの交換は1回だけ

2・プレイヤーは賭け金を積んでいく

3・より多く積んだ側が「弱い役が勝ち」「強い役が勝ち」を選択する

 

資金が多い方が圧倒的に有利と思われるこのルール。

 

夢子は3億1千万円分をチップに換える。(チップ1枚は1千万円)

対する豆生田は100枚、つまり10億円分をチップに交換した。

 

ゲームを続けながら、豆生田は不気味な笑みを浮かべてこのように思うのでした。

俺の踏み台になってくれてありがとう

 

第24話・操られる女

1回戦は11枚のチップを賭け、夢子が「強い順」を選択。

 

二人ともブタだったが、Aを使っている夢子のほうが強く、勝利する。

 

2回戦では、夢子は10のワンペアを交換して会場をザワつかせますが、豆生田は手札を全て公開し、さらに会場を驚かせる。

 

豆生田の手はQのワンペア。

 

この勝負に夢子は全チップ41枚を賭ける!

 

 

当然、豆生田が1枚追加して選択権を得る。

 

選んだのは「強い順」。

 

夢子の手はブタ。

これで夢子は全チップを失ってしまった…

 

この状況に、生徒会の座を狙う伊月は夢子に対して絶望してしまいます。

何をやってんだよ蛇喰夢子!?

 

終わりだ

全部おしまいだ…

 

しかし、ここで夢子は樹を名指しで呼び、お金を貸してほしとお願いをするのでした。

「いくら出せます?」

 

第25話・囁く女

夢子は皇 伊月(すめらぎ いつき)に「いくら出せます?」と訊く。

 

「今朝方仲間になりたいと迎っていましたよね?」

「仲間は困った時に助け合うものですよね?」

「お金が尽きてしまってとてもこまっているんです。助けていただけないでしょうか」

 

夢子に生徒会長になって欲しいと言った皇に、その覚悟を迫る。

リスクを取らなければ、仮に夢子が生徒会長になっても、要職につくことは困難である。

 

ここで豆生田は、皇の生徒会への復帰をチラつかせる。

「戻ってこい 皇」

夢子に乗れば、ハイリスクハイリターン。

 

豆生田に乗れば、生徒会に復帰はできるが下っ端に戻るだけ。

「己の勝ちを決めるのは皇さん自身ですよ」

 

皇は夢子にチップ100枚(10億円分)を投入した!

これで二人の持ちチップは100枚対131枚になった。

 

次の勝負、またしても夢子はQのワンペア2枚を交換する。

 

そして賭け金はアッという間に全額100枚に。

これで勝負かと思われたが、皇はさらに追加する。

 

しかし賭け金が20億になったところで皇の資金が尽きる。

 

それでも夢子は

「でも大丈夫。まだまだ賭けるものはありますよ」

夢子は、自分の人生計画表には3億もの価値があると言い、それも賭けると言います。

「人生ですよ。文字通りすべてを賭けましょう 皇さん…」

 

第26話・開示する女

資金が無くなったという皇に、夢子は人生を賭けるように促す。

 

皇は日本有数のトイメーカーの社長令嬢。

相続額も含めれば、その人生には大きな価値がある。

 

さらに夢子は「この手に賭けられないようなら、頂点を目指すのは諦めたほうがいい」と、逃げ腰の皇を挑発する。

この言葉に、皇は人生を賭ける覚悟を決めた!

 

勝つためならなんだってする!!

伊月は自らの手の爪を全部はぎ取るのでした。

 

今ここで賭けるんだ!!

「私の人生…レイズします!」

 

せっかく皇が覚悟を決めたのに、豆生田はこの賭け金は認められないと待ったをかける。

 

だが、夢子は仮面の副会長にジャッジを求める。

副会長は「レイズを認める」と言い、皇の人生に100億の価値をつけた!

 

異議を唱える豆生田に、副会長は仮面を脱ぐと…

仮面の下から出てきたのは、なんと生徒会長の桃喰 綺羅莉(ももばみ きらり)!

 

これで豆生田は、何も言えなくなってしまった。

だが、豆生田も人生を賭けることを選んで対抗する。

会長は豆生田の人生にも同じく100億の価値をつけた。

 

結局、選択権を得た豆生田は「強い順」を選択した。

 

不利な状況に怯む伊月でしたが、夢子には余裕の様子。

 

「さぁ 一緒に感じましょう?」

 

第27話・吐露する女

100億を超える勝負で豆生田に選択権を取られ、泣きじゃくる皇。

 

自信満々の豆生田が先に手を開く。

ては8のスリーカード。

 

夢子はQのワンペアを捨てていることから、おそらくブタ狙い。

 

勝ちを確信する豆生田に夢子は自分の手を開く。

それは予想外のJのスリーカード!

 

夢子の勝ちに会場中が湧いた!

 

この勝負は、相手を勝負に向かわせるのがキモ。

夢子と皇は、二人で協力して人生を賭けるほどの「弱い手」を演出していたのでした。

 

「クビよ」

 

生徒会長から突き付けられたこの発言によって、豆生田は真っ白になってしまいました…

 

漫画『賭ケグルイ』5巻の感想

ハイリスクな賭けからも、難なくかってしまう夢子。

 

最強の強運の持ち主ですね!

豆生田も可愛そうですが…

 

その後の出番はあるのでしょうか?

 

そして、次の夢子の対戦相手とは?

>>漫画『賭ケグルイ』の全巻ネタバレ一覧はこちら

漫画『賭ケグルイ』を電子書籍で無料で読む方法!

漫画『賭ケグルイ』を無料で読める電子書籍サービスを下記のページで詳しくご紹介しています(^^)

漫画『賭ケグルイ』1巻のネタバレ感想と無料で読める電子書籍サービスを紹介漫画『賭ケグルイ』第1巻を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想と無料で賭ケグルイが読める電子書籍サービスをまとめていきます!※ネタバレ要素を含みますのでご注意下さい...

漫画村やzip、rarなどの違法行為による漫画を読む方法ではなく、公式の漫画・電子書籍サービスを使った方法ですので、安心安全・高画質で読むことができるので是非参考にしてください☆

面白い漫画を作って下さった漫画家の方たちのためにも公式サービスを使って楽しく漫画を読むようにしましょう!(^^)