漫画単行本のネタバレ

漫画『賭ケグルイ』3巻のネタバレと感想!無料で読める方法も紹介

漫画『賭ケグルイ』の第3巻を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想・無料で読める方法をまとめていきます!

※ネタバレ要素を含みますのでご注意下さい

>>漫画『賭ケグルイ』の全巻ネタバレ一覧はこちら

 

文字だけのネタバレではなく、画像付きの漫画を無料で読みたい!と言う人はこちらの手順を参考にして電子書籍として無料でお読み下さい!(^^)

 

\今すぐ漫画1冊を無料で読むならU-NEXT/

漫画『賭ケグルイ』第3巻のあらすじ・ネタバレ・感想

漫画『賭ケグルイ』3巻のあらすじ

「債務整理大集会」を経て、絆を深めた夢子と芽亜里。

しかし、この学園の友情は脆い。勝利を味わった二人は、それぞれ異なる来訪者を迎える。

夢子の前に現れたのは眼帯の少女・生志摩 妄(いきしまみだり)。

そして芽亜里の前に現れたのは――?美少女たちの学園賭博譚、清濁が反転する第3巻。(出典元:http://fod.fujitv.co.jp/s/books/)

漫画『賭ケグルイ』3巻のネタバレ

第10話・誘う女

債務整理大集会は夢子の大勝利で終わりました。

 

しかし、借金を返済できたわけではありません…

 

それでも、夢子は家畜の唯一の権利である公式戦を楽しみに、今の現状に満足していたのでした。

 

一方、生徒会は夢子のことを調べていた。

 

夢子の両親は他界し、現在は一人暮らし。

 

唯一の肉親である姉は、大学病院の特別病棟に入っており、姉の入院費を含め、資金の出所は分かっていません。

 

そして、夢子が会長と公式戦をしたがっていることも、生徒会は把握しており、警戒していました。

 

それを聞いた生徒会の美化委員長、生志摩 妄(いきしま みだり)は、焦りをみせる。

 

夢子が会長に壊される前に、自分が仕留めたいのだ。

 

そしてその頃、芽亜里は生徒会長に呼び出されていました。

 

放課後、夢子は妄に呼び止められ、強引に地下室に連れ込み、ESPゲームを挑んだ。

 

もちろん夢子はそれを承諾します。

 

ESPゲームのルールは簡単。

 

ディーラーが5種類のカードを並べ、夢子と妄はそのディーラーの並べた順序を予想し、合致するように並べるだけ。

 

正解した数の多いほうが勝ちで、正解数の差が勝ち点となる。

 

ただし賭けるのは現金でなく、ロシアンルーレット。

 

「掛け金はどうしましょう?」と言う夢子に

 

「ふざけてんじゃねーぞ 金の取り合いなんてぬるいことやってんじゃねーだろ」

「勝ち点の分だけ引き金を引くんだよ」

 

6つの弾倉に入れる弾の数は、お互いに自由。

 

ただし、お互いの銃を箱に入れて、勝ったほうが取り出すため、弾がいくつ入っているかは分からない。

 

その頃、芽亜里は生徒会長から

 

「貴方 生徒会に入りなさい」

 

生徒会に引き抜きされていました。

 

第11話・昂ぶる女

夢子は勝負を引き受けます。

 

しかし、勝負をするにあたって3つの条件をだします。

 

・ゲームは最大3セット

・ディーラーは鈴井

・敗者は10億支払う

 

妄は条件を飲み、勝負が始まった!

 

鈴井は、自分がディーラーになることで、夢子を破滅させると思うと、吐き気を催しそうになる。

 

しかし、夢子はそんな鈴井に

「私は必ず勝ちますから」

「あれをサインにすれば必ず勝てます」

ギャンブルが今始まります。

 

第12話・閻く女

ディーラーの鈴井は別室に移動させられ、鈴井のカードはモニターで映し出す。

 

そのため鈴井が言葉で伝えるイカサマは不可能。

 

夢子は別室に行く鈴井に、「あれをサインにすれば必ず勝てます」と言っていた。

 

だが鈴井は「あれ」が何か分からない。

 

鈴井は葛藤します。

 

そして、夢子は殺人を望んでいない、と言う観点から考え、鈴井は一つの答えを導き出しました。

 

それは「ブラフ」。

 

適当にサインを送り、夢子がカード内容を知っていると思わせれば、妄は銃に弾を込めることは出来ないはず。

 

しかし、現実は違っていました。

 

「あたしは6発込める。それをよぉく考えて弾を込めろよ」

 

この宣言によって、鈴井の作戦は意味をなさなくなってしまいます。

 

しかも最初の勝負で夢子は1つ差で負けてしまう!

 

「なんだ?サインははったりかよ」

 

妄は夢子に銃を突きつける。

 

「見苦しい姿を見せんじゃねーぞ 夢子ぉ…」

 

第13話・悦ぶ女

生徒会室では、芽亜里と生徒会長が2人。

 

芽亜里は生徒会長の申し出を引き受けようとしませんでした。

 

「私、あなたのような理解できない人 大好きなの」

 

地下室。

 

負けた夢子に、妄は躊躇することなく引き金を引きますが、不発でした。

 

2セット目に突入する。

 

ここで鈴井は、カードの並び順を1セットめの夢子と同じにしようと考える。

 

ほんの少しでも夢子の有利になれば…

いっぽう夢子は、このギャンブルを100%引き分けに終わらせると妄に宣言していた。

 

第14話・理想の女

2セット目の手がオープンされ、結果は5対3で夢子の勝ち。

 

「恐怖なんてこれっぽっちもありません」

「だって私は鈴井さんを信じてますから」

 

夢子は鈴井の狙いを完全に理解していました。

 

そしてロシアンルーレットの引き金も、あっさり引いた。

夢子は弾の入っていない銃を重さで判別していたので、迷う必要もありませんでした。

 

3セット目。

 

あることに気づき鈴井は「イカサマだ!」と叫ぶ。

 

だが、別室にその声は届かない。

 

妄から電話で「10秒以内に並べないと夢子を殺す」と脅され、鈴井は仕方なくカードを並べた。

 

そして、夢子は銃に弾を込めながら言いました。

 

「随分と詰まらないことをしてくれましたね?」

 

銃を込め終わると、夢子の表情が変わります。

 

「お仕置きです」

 

第15話・敵わぬ女

妄のイカサマに気づいた夢子は「お仕置き」だと言い、初めて2発の弾を込めた。

 

夢子は妄のイカサマに気づいていました。

 

1セット目と2セット目、妄は鏡を使って鈴井の手を逆に写し、3セット目は元に戻していたのだ。

 

全てを夢子は読んでいた。

 

しかし、妄は…

 

やっぱりあたしじゃかなわなかった

 

夢子…

おめでとう…

おまえの負けだ

 

第16話・拒絶する女たち

子供の頃から違和感があった

 

何一つ心から悦ばせたものはない

 

感じたのは一度だけ

 

ギャンブルの痛み

 

もう一度

 

もう一度きりだって良い

 

あの感覚を…

 

「あたしのすべてを支配してくれよ…」

 

妄は自分のカードを開いた。

結果は全部ハズレ。

 

全外し…!?

必ず勝ってしまう!

夢子が生志摩を殺す…!?

妄は狂ったように悦ぶ。

 

「お前の番だ 開けよ夢子!」

 

妄にとって、ギャンブルの勝ち負けはどちらでも良かったのだ。

 

痛みに悦びを感じる妄の勝ちは、殺されること。

 

妄が全部ハズし、夢子が銃に2発弾を込めたということは、1発は必ず弾が出るということ。

だが、それは夢子がカードを5枚とも当てることが前提。

 

実は夢子はこの状況さえも予測し、引き分けになるように仕組んでいた。

 

「ただの死にたがり」

「私が一番大嫌いなタイプの人間です。端的に申し上げて…」

「ムカつくんですよあなた」

 

漫画『賭ケグルイ』3巻の感想

どんなリスクのあるギャンブルであっても、全く動じない夢子。

 

やっぱりギャンブル狂ですね!

 

そして、芽亜里のまさかの生徒会をお断りするパターンも、かっこよく感じました。

>>漫画『賭ケグルイ』の全巻ネタバレ一覧はこちら

漫画『賭ケグルイ』を電子書籍で無料で読む方法!

漫画『賭ケグルイ』を無料で読める電子書籍サービスを下記のページで詳しくご紹介しています(^^)

漫画『賭ケグルイ』1巻のネタバレ感想と無料で読める電子書籍サービスを紹介漫画『賭ケグルイ』第1巻を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想と無料で賭ケグルイが読める電子書籍サービスをまとめていきます!※ネタバレ要素を含みますのでご注意下さい...

漫画村やzip、rarなどの違法行為による漫画を読む方法ではなく、公式の漫画・電子書籍サービスを使った方法ですので、安心安全・高画質で読むことができるので是非参考にしてください☆

面白い漫画を作って下さった漫画家の方たちのためにも公式サービスを使って楽しく漫画を読むようにしましょう!(^^)