少女漫画

ハニーレモンソーダ1巻のネタバレと感想!無料で漫画を読む方法も紹介

こちらの記事では集英社りぼんで連載中の漫画『ハニーレモンソーダ』の単行本コミック第1巻のネタバレ感想についてまとめていきます☺

 

また、記事の最後には今すぐ無料でハニーレモンソーダを読むことができる電子書籍サービスについてもご紹介してますので参考にしていってくださいね!😄

それでは甘酸っぱい少女漫画の世界を見ていきましょう\(^o^)/

 

▼ハニーレモンソーダが無料で読めるU-NEXT▼

漫画『ハニーレモンソーダ』1巻のネタバレ・感想

●第1話 SPARKLE(スパークル)1

石森羽花、15歳。自分の気持ちを伝えたり表情を表に出すことが苦手な羽花の中学時代のあだ名は「石」。

 

そんな自分を変えたいと八美津高校に入学したが、なかなかうまくいかない日々を送っていた。

 

そんなある日、羽花は他の生徒に絡まれていたクラスメイトの三浦界に誤ってジュースをかけられてしまう。

 

レモンソーダみたいな金髪の男の子。界は羽花にとって特別な存在だった。

 

ある朝、教室で挨拶の練習をしている所を界に目撃されてしまう。

 

「消えたい…」と落ちこむ羽花だが、界からは「おはよう」の声。

 

羽花は初めて界と挨拶することができた。

 

界と挨拶をしクラスメイトとも少し近づける予感がした羽花だったが、偶然通りがかった中学の同級生に同じ高校にいることがばれ、同級生たちは羽花に嫌がらせを始める。

 

放課後、自分の靴が捨られている事に気付いた羽花は、『今までと何も変わらない』と呆然と立ち尽くす。

 

その様子を見た界は、

 

界「何かリアクションしろよ」「誰かに言えよ 助けてって」

 

と声をかけるが、

 

羽花「…誰…に…?」

 

羽花はその場から逃げ出してしまう。

羽花が八美津高校への進学を決めたのは、中学3年の冬。

同級生が誰も行かない真聖学園に行くか、憧れる八美津高校に行くか。

 

迷う羽花だが、同級生たちに「真聖学園のダサい制服がお似合いだ」とからかわれてしまう。

羽花の手から落ちた八美津高校のパンフレット。それを拾いながら、

「こっちが案外似合うんじゃねぇの」「…まぁ オレも行くんだけど」

 

声をかけてくれたのが、偶然通りがかった界だった。

 

界の言葉に後押しされ、変わりたいと願い八美津高校に入学したことを思い出した羽花。

『どうかもう1度勇気を』と、レモンソーダを片手に中学の同級生たちに立ち向かう。

 

界「言えよ 昨日のこと」「オレに」

羽花「-たすけて」

 

騒動に居合わせた界に、ついに助けを求めることが出来た羽花。

「よくできました」と笑い、界は一瞬で同級生たちを制圧する。

 

界「もうそうやってうずくまって泣くのやめろ」「とくに街中とか」

 

界も羽花との出会いを覚えていた。

羽花の新しい高校生活がようやく幕を開けた。

●第2話 SPARKLE(スパークル)2

界に少し近づけた羽花は翌朝、界と仲間の友哉、悟、あゆみの華やかさを見て、昨日のことは本当に現実だったのかと思う。

 

だが、すぐに『…そんなことばっかり言ってられない!』と、石のように固まっていた昨日までの自分とは決別することを決意する。

 

とはいえ、人間すぐには変われない。

体育のバスケで石化している羽花を見た界は、羽花にパスを回すようあゆみに指示を出す。

 

戸惑いながらも羽花にパスし、「がんばって!!」と声援を送るあゆみに、羽花は「やってみる」と華麗なシュートを決めてみせた。

 

予想外の羽花の姿にクラスメイト達が騒然としている中、羽花はあゆみが自分にパスしたのは界からの指示であったことを知った。

 

丁度同じ頃、界は羽花の父親が娘を心配して授業を見学していたことを知る。

 

休み時間、あゆみ達に高校生活の中でやってみたいことを話す羽花。

今までの自分と正反対な毎日を夢見る羽花に界は、

 

界「無理だろ」「やめろよ 似合うと思ってんの」

と一刀両断。

 

界から言われた「諦めろ」の言葉にショックを隠せない羽花は放課後の教室に一人残り、『ちょっとうまくいってる気がするからって他のことも全部叶うわけない』と落ち込んでしまう。

 

そんな時、他校の生徒が暴れていると校内がざわつき始めた。

暴れていたのは、羽花をいじめた中学の同級生の彼氏だった。

 

他校生たちが羽花と界に復讐する為に学校に乗り込んできたことを知った界は、「めんどくせぇ」と言いながらも羽花が残る教室へ向かい、間一髪のところで羽花を助ける。

 

事なきを得た羽花に、羽花を心配した父親が学校に来ていた事を伝え、「早く家に帰れ」と怒る界。

 

羽花は界が自分を冷たく突き放した理由に気が付いた。

 

界「自分の蒔いた種だ ちゃんと拾うよ」「くだらない小さい夢ばっか」「そんなもん 俺が簡単に叶えてやる」

描くだけで精一杯だった羽花の夢が、界の言葉で絶対に叶えたい夢に変わっていく。

 

『私 三浦くんのことが好きなんだ』

界への特別な想いをを自覚した羽花だった。

 

●第3話 SPARKLE(スパークル)3

界への想いに気付いた羽花だが、華やかな世界にいる界と地味な自分との差を感じ、自分が界のことを堂々と語っては駄目な気がする、と自信を持てずにいた。

 

放課後1人街に繰り出した羽花は、界と友哉に遭遇する。

 

界「早々と帰ってんじゃねぇよ!!」

突然怒りだす界に、昨日は早く帰れと怒られたのに「どっち!?」と戸惑う羽花だが、界が羽花と放課後遊ぶつもりだったことを知る。

 

界「叶えてやるって 昨日言っただろ」

界の優しさに喜ぶ羽花だが、『三浦くんは私といるの恥ずかしくないのかな』と考えてしまう。

 

途中まで送ってくれることになった界に、羽花は何度もお礼を言う。そんな羽花に語りかける界。

 

界「おまえ、自分のことなんだと思ってんの」

まだ石だと思っていると答えた羽花に、界は言葉を続ける。

 

界「そうやって これから何度石じゃない石かもしれないを繰り返すつもり」「もういいじゃん石で」

「石でもお前は宝石なんだ」

 

バスケのようにやってみれば出来ることがあること、声をかけたのはただのきっかけで、そこから飛び出したのは羽花自身の力であること。

 

自信が持てない羽花の背中を押す、力強い言葉を界は投げかける。

 

界「今までの自分に引きずられなくていい」「もっと欲張れ」「前に進め」

「もうお前の幸せははじまってる」

 

界の言葉に涙を流す羽花。

いつか自分に自信を持って界に好きだと伝えられるようになりたい。

羽花に新しい夢が出来た。

 

翌日、界の「欲張れ」に背中を押された羽花は、隣の席のあゆみに「友達になってください!」と告げ、晴れてあゆみと友達になる。

 

そんな羽花に、その後の席替えでさらなる奇跡が。

羽花が引いたのは、あゆみが想いを寄せる悟の隣の席だった。

 

羽花は「先生の目の前で授業を受けたいからお願い!」とあゆみと席を交換する。

 

交換した先の席はなんと、左隣が友哉、右隣が界というスペシャルな席だった。

●第4話 SPARKLE(スパークル)4

新しい席での学校生活が始まった。

 

隣に界がいることに緊張する羽花だが、三浦くんのことがもっと知りたいと界の観察を始める。

ペン回しがうまいこと、ちゃんと授業に参加している時もあること、そしてさりげなく羽花をフォローしてくれる優しさ。

 

隣の席で界の色々な顔を知る羽花。

ある時、先生の投げた黒板消しを見事にキャッチした界を見て羽花が拍手を送っていると、クラスメイトから、

 

「石森さんってオレらみたいのに好意的だよね」

「こういうの授業の邪魔になって迷惑!とか思ってもよさそうなのに」

という声が。

 

そんなクラスメイトに界は、

界「むしろ真逆」「これは仮の姿だから」「実はスゲーから 仲良くしたらいいことあるかも」

と援護射撃。

 

界の一言でクラスメイトと近づく事が出来た羽花。

 

界「ゆっくりクラスに慣れろ」「実はスゲーって言っちゃったオレに恥かかせんなよ」

「隣で見ててやるから」

 

魔法のような界の言葉が、また少し羽花の背中を押した。

 

昼休み、羽花は借りていた帽子を返そうとどこかに消えてしまった界を探すことに。

 

窓際に置いてあるレモンソーダに引き寄せられ物置に入ると、界が一人隠れて昼寝をしていた。

 

借りていた帽子を返した羽花は、界が帽子をかぶり始めたのは寝ぐせを隠すためだったことを知る。

 

照れながら話す界を見て、『私でも三浦くんをこんなに身近に感じれることがあるんだ』と嬉しくなる羽花だった。

 

昼休みが終わり、教室に戻る二人。

 

羽花は、界がどこにいたのかとクラスメイトに追及されるが、界は「内緒」のポーズ。

昼休みの出来事は界と羽花2人だけの秘密となった。

新しい姿を知る度、ますます界に惹かれていく羽花。

 

クラスメイト達がそんな2人の関係を怪しみつつ、

「まぁ界の好みはあれだからな」

「サバサバして活発でよく笑って髪がフワっとした美人が好きだから」

そんな会話をしていることを、羽花はまだ知らない。

漫画『ハニーレモンソーダ』1巻の感想と2巻への考察

ぶっきらぼうだけど羽花をしっかり見ていて、必ず手を差し伸べてくれる界が終始男前です。

クールで優しいって最高のギャップですよね…!

 

そんな界の優しさをまっすぐ受け止め、自分を変えようと努力する羽花も素敵な女の子で、応援したくなります。

気になるのは、界の「サバサバ・活発・よく笑って髪フワ美人が好き」説が一体どこから来ているのかということ…。

2巻以降の話の展開、そして2人の関係に期待大です!

ハニーレモンソーダ1巻を無料で読むならU-NEXT

最後にハニーレモンソーダ1巻を無料で読める電子書籍サービスについてご紹介します☺

(1巻じゃなくてお好きな読みたい巻を読むことも可能)

 

U-NEXTという電子書籍サービスを利用すれば、ハニーレモンソーダ1巻分を丸々無料で読むことができます。

無料で読める仕組みは、今U-NEXTに無料お試し会員に登録すると、漫画を読むためのポイントが600円分もらえるので、このポイントを使って漫画を無料で読むことができるというものになっています。

(ハニーレモンソーダの価格は1冊430ポイントなので、600-400となり無料で読めちゃうということになります。)

 

更にU-NEXTには31日間の無料期間があり、期間内に解約すればお金は一切かかりません😊

 

漫画以外にも見放題のアニメや映画などの動画も豊富に取り揃えていますので、この機会に是非チェックしてみてくださいね!

 

▼31日間無料のU-NEXTはこちら▼

※31日以内に解約すればお金はかかりません