漫画単行本のネタバレ

漫画『春待つ僕ら』6巻のネタバレと感想!試し読みより無料で読む方法も紹介

漫画『春待つ僕ら』・通称”春僕”第6巻を読んだので、あらすじとネタバレ・感想をまとめていきます!

 

第5巻までのあらすじ・ネタバレ・感想はこちらへ。

>>漫画『春待つ僕ら』全巻ネタバレと感想はこちら

 

また、文字だけのネタバレではなくて漫画そのものを読みたい人は、無料で読める方法もご紹介していますので、そちらを参考にしてください(^_^)

漫画『春待つ僕ら』第6巻のあらすじ・ネタバレ・感想

漫画『春待つ僕ら』6巻のあらすじ

ドキドキな夏休みも終わり、2学期突入!!早速永久たち清凌とあやちゃん率いる鳳城の合同練習が始まる。

バスケも美月にも攻めまくりのあやちゃんに永久は…?一方美月も文化祭実行委員を頑張ろうと決めて…。大ヒット! 笑えてトキめく青春ラブコメディー☆

合同練習に文化祭!!本気がぶつかる第6巻!

漫画『春待つ僕ら』6巻のネタバレ

第25話・one on one

バスケ部の合同練習が始まった。

 

美月は前日に送られてきた亜哉のメールの「戦線布告」との言葉が気になっていました。

 

だが、合同練習の当日、亜哉から「たかが合同練習なのに」と逆のことを言われる。

 

美月は亜哉の本心が分からずに戸惑いを隠せません。

 

練習が始まると、亜哉は清凌高校のバスケ部員に見下したような発言をして挑発し始めた。

 

ピリピリしたムードの中、亜哉は永久に1on1(1対1のバスケット)を挑んだ。

 

そのころ美月は、ランチタイムだけバイトを頼まれ、会場を1時間だけ抜けることに。

 

美月が抜けた1時間の間に、亜哉と永久が言葉を交わしていました。

 

「全然布告、もちろん本気だよ」

 

美月のいない間に1on1は終わってしまうが、ビデオを回していたレイナは、スゴイのが撮れたと興奮気味だ。。

 

1対1だったよね…

 

多分浅倉君とあやちゃんがやって…

 

亜哉の方が、永久よりもリードしていました。

 

しかし

 

「…試合でやり返すよ」

 

永久は前向きにとらえていました。

 

第26話・revenge

2人に何があったんだろう

 

美月が帰ってこないまま、清凌対鳳城の試合形式の練習が始まった。

 

鳳城は亜哉が出場しているもののベストメンバーではない。

 

それでも清凌は完全に押されている。

 

亜哉は試合中に、「負けた方は美月に近づかない」と賭けをしておけば良かったと永久を挑発した。

 

そのとき「清凌ファイトー!」と掛け声が聞こえた。

 

美月がバイトから戻ってきたのだ。

 

「神山さん 別に半端な気持ちじゃないっすよ。俺も」

 

その直後、亜哉のディフェンスを強引に飛ばして、永久がダンクを決めた。

 

永久のファールになってしまったが、1on1でやられたことをやり返したのだった。

 

練習後、清凌バスケ部に挨拶に来た亜哉を見て、今日で仲良くなったの?と美月は天然ボケをかます。

 

「またすぐ会いに来るよ」

 

そんな美月の頬にキスをして亜哉は帰っていった。

 

それを見ていた永久は、全然大したことないと言いながら…

 

永久も美月の頬にキスをし、去っていきました。

 

え…?

 

第27話・promise

合同練習の後、4人は「words cafe」へ。

 

話題は美月と亜哉のキスの話になる。

 

瑠衣は、亜哉と付き合っても美月は幸せになれない、と二人の交際に否定的だ。

 

そこへ美月がやって来た。

 

瑠衣は美月が失くしたノートを一緒に探すフリをして、二人だけになる。

 

竜二は、瑠衣は美月のことが好きなのではと思っているようです。

 

恭介も、自分でも気づいていないだけなのではと言います。

 

亜哉のことをどう思っているのか、瑠衣は美月に聞きます。

 

美月自身も、亜哉に対する気持ちはよく分かっていないようでした。

 

「いまは約束を守ることを頑張る」と話した。

 

約束を守ることで、みんなと同じ目線に立ちたい、と。

 

美月の言葉を聞いていた永久は、その約束を亜哉との約束だと思っていた。

 

でも、それは永久との約束だった・・・。

 

第28話・because you

須藤マキは、永久のリストバンドの裏にメッセージが書いてあるのを見つけてしまう。

 

そのことをマキから聞いた瑠衣は、永久に誰が好きなのかを問い詰めた。

 

「美月」と聞いた瑠衣は「マジか…」と言ったあと、永久を避けるようになってしまった。

 

文化祭まであと少し

準備も佳境に入って今のところはすべて順調

 

なんだかんだでみんなやる気だし

私も結構役に立ててる気がする

 

順調順調!

絶対成功させて

楽しい文化祭にするんだ

 

そんな瑠衣をつかまえ、永久は思い出話をしながら話を切り出した。

 

そんな頃、レイナはマキに相談事を持ち掛けられており、永久が好きなのは美月なのではと言い出します。

 

「そんなことあるか!」

 

と、レイナが言い出し、ここで話が終了します。

 

ずっと瑠衣に避けられている永久は、ちゃんと話そうと切り出します。

瑠衣も美月のことを想っていたが、永久なら亜哉よりはイヤじゃない、と言った。

 

最後は、亜哉に負けるなと応援する瑠衣だった。

 

文化祭の前日。

文化祭実行委員でその準備に疲れの溜まった美月は、立ちくらみを起こして倒れ込んでしまう。

 

そんな美月を亜哉が抱きかかえるのでした…

>>漫画『春待つ僕ら』全巻ネタバレと感想はこちら

漫画『春待つ僕ら』6巻の感想

レイナちゃんのキャラがすごく好きです。

 

そして、あやちゃんは最後の最後でよく出没するなあと思わされます。

瑠衣も気持ちに気づき始めて…

 

美月モテますね(笑)

春待つ僕ら6巻を読んだ他の方の口コミ・感想

wagyuumamaさん
wagyuumamaさん

6巻の見所は、美月を巡って繰り広げられる永久×あやちゃんのバスケ対決!青陵での合同練習を前に宣戦布告をしたあやに敵対心メラメラの永久。

1on1対決でぶっ飛ばされ本気になった永久、練習試合でもぶつかり合う2人だけど永久のケガが原因で途中交代させられ不完全燃焼の2人・・4人?

そして美月に別れのあいさつと言って4人に見せつける様にホッペにチューをするあやに対抗して永久もチューしてめちゃくちゃ照れてる所がかわいかった。

文化祭委員として頑張りすぎて倒れてしまった美月の元にレイナちゃんと約束してたあやちゃんが来て助けてくれるのも良かった

あるぱかさん
あるぱかさん

バスケ部の合同練習が始まった美月は前日に送られてきた亜哉のメールの戦線布告との言葉が気になるだが、合同練習の当日、あやちゃんの哉からたかが合同練習なのにと逆のことをいわれる美月は亜哉の本心がわからなくなって戸惑う。

今回はバスケシーンが多くてワクワク。現時点では、永久よりあやちゃんが一枚上手。

永久にすきな人がいると、瑠衣とマキちゃんにバレる。マキちゃんはそれが美月とはわかっていないのか、、?さらに展開が気になります

aggressiveさん
aggressiveさん

春待つ僕らの単行本6巻はついに永久のバスケのライバルであるとともに恋のライバルでもあるあやちゃんこと亜哉が大きく動いてきた巻です。

清凌高校と鳳城高校の合同練習で、清凌高校と鳳城高校が戦うことになり鳳城高校が清凌高校を圧倒して勝利して鳳城高校の亜哉がまさかの美月の頬にキス!

そのあとその美月の姿を見ていた永久も美月の頬にキスをするという美月を争う三角関係の様子がはっきりと出たシーンで「永久が絶対に美月を渡さない」という意志が見えた感じがして好きなシーンです。

そして最後のシーンは倒れてしまった美月を「もう大丈夫だからね」といって亜哉が抱きかかえるというシーンで次の巻で三人の関係はどうなるんだ?

と期待を抱かせるいい終わり方だなと思いました。

漫画『春待つ僕ら』を1巻から無料で読む方法

下記のページでは漫画『春待つ僕ら』を1巻から好きな巻、無料で読む方法についてご紹介しています。

漫画『春待つ僕ら』1巻のネタバレ感想と無料で読める電子書籍サービスを紹介こちらの記事ではデザートで連載された人気女性漫画『春待つ僕ら』第1巻のネタバレと感想、そして無料で読める電子書籍サービスについてまとめました(^^)文字だけのネタバレではなくて、絵付きの漫画を今すぐ無料で読みたい方はこちらからご確認ください☆...

漫画村やzipやrarなどの違法アップロードされた漫画ではなく、全て公式の漫画サイト(電子書籍サービス)を使っての無料購読する方法なので、安心安全に漫画読むことが出来ます(^^)

面白い漫画を書いてくれた漫画家の方に感謝の気持ちを表すためにも決して違法漫画サイト・海賊版サイトなどは利用しないようにしましょう!