漫画単行本のネタバレ

漫画『惡の華』8巻のネタバレと感想!単行本を無料で読む方法も紹介

漫画『惡の華(あくのはな)』の単行本コミック第8巻を読んだので、あらすじ・ネタバレ解説・感想・無料で読む方法についてまとめました!

※ネタバレ要素を含みますのでご注意下さい

 

>>漫画『惡の華』全巻ネタバレ一覧はこちら

 

画像付きの漫画を無料で読みたい!と言う人はこちらの手順を参考にして電子書籍として無料でお読み下さい!(^^)

 

\今すぐ漫画1冊を無料で読むならU-NEXT/

漫画『惡の華』第8巻のあらすじ・ネタバレ・感想

漫画『惡の華』8巻のあらすじ

常磐(ときわ)の部屋で、彼女の書いた小説のプロットノートを発見した春日(かすが)。

読みたい衝動に駆られ、ノートを手にするが、そこへ常磐の彼氏・晃司(こうじ)が現れ、春日は現実に引き戻される。晃司に誘われるがまま、常磐と共に彼らの溜まり場へと向かう春日。

そこで二人の仲を疑う晃司に、常磐と昔好きだった子を重ねているんじゃないかと問われた春日は……!?(出典元:http://fod.fujitv.co.jp/s/books/)

漫画『惡の華』8巻のネタバレ

第38話 今は名も忘られはてし

常盤さんの彼氏が来ました。

 

「ちょっと行ってくるから春日くんはここにいて」

 

常盤さんは出て行きます。

 

春日はノートを見ようとすると、常盤さんが戻ってきて、一緒に来てほしいと言われます。

 

春日は常盤さんの彼氏とご対面をします。

 

彼氏の晃司は良い人そうな人でした。

 

ピザをおごるからと言われ、晃司に誘われ、常盤さんといつも一緒に行っている場所へ連れていきます。

 

いつも集まっている所へ連れられて春日。

 

車庫のようなところへ連れてかれ、ここで数人の男女が集まっていました。

 

第39話 深淵より呼びぬ

みんなでピザを食べながら楽しくおしゃべりをしていました。

 

春日はその場にただ座っています。

 

みんなに合わせて笑いつつも、視線は時より常盤さんの方へ。

 

晃司は春日にいろいろ質問するように。

 

「カラオケ行くの?」

「彼女とかいるの?」

「今までは何人付き合ったことあんの?」

「童貞?」

 

どんどん内容の濃い質問になってきます。

 

そして、中学の時に好きになった女の子の名前を言うように、晃司に言われ…

 

春日にとっては思い出したくない記憶でした。

 

春日が困っていると、常盤さんが止めます。

 

すると、晃司は豹変し、怒りだします。

 

どうして自分はまだ入ったことがないのに、こいつが入っているんだ…

 

晃司には納得がいきませんでした。

 

「晃司は空っぽなんだよ」

 

常盤さんはその場から出て行きます。

 

春日も、晃司から「とっとと消えろ」と言われ、一人帰っていくのでした。

 

帰り道、常盤さんが橋の上に立っているのを見かけます。

 

2人は少し話しました。

 

常盤さんが春日を部屋に入れたのは、そこに本があったから。

 

本が好きなことを、今まで誰にも言ったことがありませんでした。

 

春日は、もう常盤さんから本を借りるのは止めようと思っていた。

 

しかし…

 

「やっぱりもっと貸してほしい…」

 

「あと…常盤さんの書いた小説 読みたい」

 

第40話 目出度い宇宙の調和を破る

春日は常盤さんと仲良くなっていきます。

 

クラスの男子たちが、「彼女ほしー」と言っている時に、常盤さんから校舎裏に来るようにメールが来ます。

 

校舎裏で常盤さんに会う春日。

 

2人はカラオケボックスへ行き、常盤さんが書いた小説を春日に渡します。

 

常盤さんが書いた小説は、春日の中学時代を思い出させるような内容でした。

 

春日は泣きながら…

 

「すごい…!」

 

と感動していました。

 

「面白い!早く書いてよ!」

 

常盤さんは、春日の反応がすごく嬉しく、「ありがとう 私、書いてみる!」と、意気込みを入れるのでした。

 

早く続きが書きたいと、カラオケを後にする2人。

 

その帰り道、春日は知っている匂いを感じるのでした。

 

女性が振り向くと…

 

「…春日くん?」

 

「佐伯さん…」

 

第41話 秘密のように甘い香を

街で佐伯さんとばったり再開します。

 

「ひさしぶり げんき?」

 

佐伯さんは笑顔でした。

 

3年ぶりの再会に、佐伯さんは純粋に喜んでいるようでした。

 

佐伯さんにはお付き合いしている彼氏がいました。

 

彼は小泉くん。

 

どことなく、昔の春日と似ていました。

 

昔の事は何もなかったかのように、連絡先を交換し、彼氏と去っていきました。

 

家に帰ると、両親は喧嘩をしていました。

 

春日は逃げるように自分の部屋へ行き、本を読みます。

 

すると、さっそく佐伯さんから、「明日会えない?」とメールが来ます。

 

携帯を振り落とそうとしますが…

 

会うことにしました。

 

佐伯さんとの久しぶりの再会。

 

でも、春日のテンションは下がっていました。

 

話のはやはり、「あれからどうしてた?」でした。

 

春日にとっては思い出したくない過去…

 

佐伯さんは、今は普通に幸せだと言います。

 

にこやかに会話をする佐伯さんでしたが、春日が仲村さんとあれから1度もあっていないことを聞くと、表情が変わります。

 

「なんで?」

 

第42話 つまり、僕は死んでいた

「何で知らないの?」

 

佐伯さんは春日を問い詰めます。

 

仲村さんがどうしてあの時、春日を突き放したのか分からないの?と聞き、自殺が未遂になったことに対して、ざまあみろと思った佐伯さん。

 

「あのまま2人が死んでたら、悔しすぎて…どうしていいか分からなかったかも」

 

常盤さんの事を、仲村さんの代わり?と聞くと、「そんなんじゃない」と応えます。

 

「あの子も不幸にするの?仲村さんの代わりに、自分を慰める道具にして、めんどくさくなったら捨てるんでしょ?卑怯だね」

 

「そんなんじゃない」

 

「そうなるよ だってあの子は仲村さんじゃないから」

 

「一生そうやって逃げ続けていくんだね」

 

そんな春日に、佐伯さんは「がっかりした」と言い、去っていきました。

 

春日はその場で思い切り泣きじゃくります。

 

その頃、常盤さんは小説を書いていました。

 

泣いている春日に常盤さんからの着信。

 

でも、出ませんでした。

 

そして、ほどなくして常盤さんの電話に着信。

 

春日ではなく晃司からでした。

 

漫画『惡の華』8巻の感想

春日と常盤さんがなんだかいい感じになっていますね。

 

ほのぼのとした雰囲気で進んでいたように見えましたが、ここでまさかの佐伯さん…

 

久しぶりに再会した佐伯さんが…

怖かったです…

 

>>漫画『惡の華』全巻ネタバレ一覧はこちら

漫画『惡の華』を電子書籍で全巻好きな巻を無料で読む方法!

漫画『惡の華』を電子書籍で無料で読む方法についてこちらでまとめましたので、是非御覧ください(^^)

漫画『惡の華』1巻のネタバレと感想!無料で読める電子書籍サービスも紹介漫画『惡の華(あくのはな)』の単行本コミック第1巻を読んだので、あらすじ・ネタバレ解説・感想・無料で読む方法についてまとめました!画像付きの漫画を無料で読みたい!と言う人はこちらの手順を参考にして電子書籍として無料でお読み下さい!(^^)...

 

漫画村やzipなどの違法アップロードされたものではなく、公式の電子書籍サービスを利用した無料購読方法なので、安心安全に漫画を読むことができます(^^)

楽しい漫画作品を作ってくれる漫画家さんたちのためにも決して違法漫画サイトなどは利用せず、楽しく漫画ライフを送っていきましょう(^^)

 

>>漫画『惡の華』全巻ネタバレ一覧はこちら